かきくけこの「エ・ロマンチリクル」

タイトル「かきくけこのロマンチリクル」に、「エ」をつける様に強要される。皆、アタシを誤解している、と思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミュージカルを観に行って来ました。

「ミュージカル」と言っても、広島や名古屋の方が鼻血を出しちゃいそうな
テニスやブリーチのミュージカルでは御座いません。
だから鼻血をお拭きよ、お二人さん。

本日は息子の通う小学校の学芸会でした。
5年生は音楽劇、そうです、ミュージカルです。
演目はひろすけ童話の傑作「泣いた赤鬼」
余りにも有名な作品ですので内容を書くのもあれですが。

ある所に人間と仲良くなりたい心の優しい赤鬼が住んでいました。
でも人間はその赤鬼の頭の角や怖い顔や大きい体を怖がって、
いつも会うなり逃げ出してしまいます。
赤鬼ががっかりしていると友達の青鬼が言います。
「僕が人間を襲うから君は僕を殴って人間を守ってあげればいい。そうすればきっと人間は君が自分たちの味方だと気が付くよ」
そして青鬼の思惑通り赤鬼は青鬼の自己犠牲のおかげで人間社会に受け入れられます。
赤鬼が青鬼の家にお礼と謝罪に行くと、青鬼の家は既にもぬけのからで、
家の前にあった手紙には
「赤鬼くん人間達と仲良くなれてホントに良かったね。でもせっかく人間達と仲良くなれたのに僕と付き合っていたらまた人間から疎まれてしまうよ。だから僕はここを去ります。いつまでも元気で。君の友達・青鬼」
赤鬼は大切なものを失った事に気付き泣き崩れる。




息子は赤鬼の役でした。
物語の導入部、人間に受け入れられずに悲しむその心情を独唱するシーンがあったのですが、母のがドキドキです。倒れるかと思った(笑)
あの広い体育館であれだけの人数の前で歌うなんて度胸あるなぁ…。
「『鬼の役だから声は大きく野太く、
でもがっかりしている場面だからあまり元気一杯じゃなく、
だけど体育館の一番後ろまで聞こえるような通る声で』
と、指示をしたんですけど…無茶な注文なのによく頑張ってくれました」
終わった後に先生からお声を掛けて頂きましたし、
お友達のお母さん達からもメールを貰ったり電話を貰ったりしました。


1118a.jpg


↑青鬼さんのお顔にはぼかしを入れてあります。

学芸会の準備の時「赤い長袖のTシャツか薄手のトレーナー」と言われたんで、
ユニ●ロに行ったんですが、青鬼さんのお母さんにそこで会いました。
やっぱりカラー指定がある時はユニ●ロだよねぇ。
二人でお揃いの980円シャツですわ。

[ミュージカルを観に行って来ました。]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/11/18(土) 23:49:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

プロフィール

かきくけこ

Author:かきくけこ
いい年をして少女漫画に夢中だったり、乙女ゲームにハマったりしている。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。